【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

海底火山の噴火

1989年(平成元年)7月13日 伊東沖海底火山噴火

f:id:fram7952:20170720145258p:plain

静岡県伊東沖で海底火山が噴火した。この地域では、1930年に群発地震が発生して以降、しばらく活動を休止していたが、1970年代後半頃より群発地震活動が再開し、1989年7月に、群発地震とともに伊東市沖の手石(ていし)海丘で有史以来、初めての噴火があり、 後にこの海底火山は手石海丘と命名されました。

 

手石海丘の噴火写真

手石海丘の噴火
出典 気象庁ホームページより

気象庁 | 伊豆東部火山群

 

広告を非表示にする