【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

土石流と対策

1997年(平成9年)7月10日 針原川土石流災害

平成9年7月7日から9日にかけて鹿児島県出水市では降雨が続いた。その影響で、針原川の上流部から、多量の水を含んだ崩土が流下し、砂防ダムから越流した土砂は土石流化して、10日午前0時44分頃に針原地区へ氾濫・堆積した。
流下した土石流は針原地区の集落の途中で停止・堆積したが、土砂泥流部分が更に流下・拡散し、住家や主産業であるみかん園等に多大な被害をおよぼした。
また、針原川沿いの河川は堆積した流木などにより堰き止められ、増水し、床下浸水等の被害が発生した。
出典 国土交通省 防災情報のページ 

災害対応資料集 : 防災情報のページ - 内閣府

 

f:id:fram7952:20170712165800p:plain

土石流対策

■砂防えん堤
渓流の上流に砂防えん堤を作って土砂を貯め、土砂の生産・流出を抑制します。 また、谷の出口に砂防えん堤をつくり、発生した土石流を直接受け止めます。
出典 国土交通省ホームページ 

砂防:土石流とその対策 - 国土交通省

 土石流対策として砂防ダムが設けられています。

砂防ダムがある場所は、土石流災害が発生する可能性がある地域です。そうした地域では砂防ダムあっても、土石流に備えておくことが必要です。

広告を非表示にする