【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

震度6強の地震に遭った時の心構えを持ってみる

2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災

平成23年3月11日14時46分、三陸沖(北緯38度1分、東経142度9分)の深さ24kmを震源としてマグニチュード9.0の地震が発生した。この地震によって宮城県栗原市震度7を観測したほか、宮城県福島県茨城県及び栃木県の4県37市町村に及ぶ地域で震度6強を観測した。この地震は、海溝型でマグニチュード9.0という非常に大規模なものであったため、地震に伴い発生した津波の規模も非常に大きく、今回の震災による被害は津波に起因するものが多かった。

総務省消防庁 東日本大震災記録集(第2章地震津波の概要)より

f:id:fram7952:20160530150739j:plain

出展 東日本大震災記録集 :: 総務省消防庁

地震速報が流れました。どうしますか。  

震度6強体験シミュレーション 防災シミュレーター【内閣府

震度6強

突然テレビから緊急地震速報が流れました。

 

地震への予防や避難を体験してみよう!
このゲームは、震度6強の地震に対して、「どんな予防対策を取らなくてはいけないか?」「どんな避難行動をとるべきか?」疑似体験するロールプレイングゲームです。

出典 【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション

このサイトは以下からご覧ください 【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション

他の部屋に家族がいます。どうしますか?
A 速報を大声で伝える
B 家族がいる部屋へ走る

 

B 家族がいる部屋へ走るを選択

-5
生き残りレベルゲージが、5減りました。

 まずは大声で家族全体に知らせることが大切です。

緊急地震速報が出たあと、地震が到達するまでわずかな時間しかありません。速報を見たり聞いたりしたら、何を言うか、何をするか、事前に家族で話し合いましょう。すべての部屋で安全を確保できる場所をチェックしましょう。 

 あなたは速報を大声で家族にしらせました。

次には何をしますか。


そして・・・

あなたは火のことがきになりました。あなたは今どこにいますか?
「コンロのすぐ近く」、「コンロから離れた場所」 

 「コンロのすぐ近く」を選択

あなたはコンロのすぐ近くにいます。
A 流しに鍋を入れる
B コンロの火を消す
C 何もせず熱湯の危険がおよばない場所へ避難する

C 何もせず熱湯の危険がおよばない場所へ避難するを選択

GOOD!

 鍋の中の熱湯や油から遠ざかることが大切です。

緊急地震速報の後、地震到着までの時間がわからない状況では、煮込んでいる鍋が落ちてきても影響がない場所まで避難することが、もっとも危険度が低いです。

 

ポイント
コンロの火がついたままでも震度5以上のゆれを感知すれば、自動的にガスは止まり火も消えます。
もし火がでたならば、慌てず初期消火につとめましょう。 

まとめ

 地震のあったその時に適切な対応をするには、事前にするべきことを心得ておくことが必要です。その後の行動も、想定しておくことが大事です。