読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

名古屋のメインストリート「広小路通」は江戸時代に火除地として誕生

1660年2月24日~25日(万治3年1月14日~15日) 名古屋万治3年の大火

 1660年の「万治の大火」の火災のあとに、碁盤割南端の堀切筋と呼ばれる街路の一部が、火除地として約27mの幅員に拡幅され、「広小路」と呼ばれるようになりました。

出典 名古屋市:街路計画の豆知識(事業向け情報)

 

f:id:fram7952:20170222164135p:plain

 火除地(ひよけち)とは、江戸幕府が明暦の大火をきっかけに江戸に設置した防火用の空地です。

 火災は建物が密集していると、その被害が大きくなってしまいます。

都市部でオープンスペースをとるために、通りを広くし延焼を食い止めようとの防災の取り組みで、 各地にある「広小路」の地名の由来となっています。

 災害があったとしても、その被害を少しでも減らそうとする減災は防災とともに大事です。