【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えを常に持てるよう【防災】は毎日していることが大事です。

過去の災害を学び、語り継ぐことを考える

1945年(昭和20年)1月13日 三河地震(愛知県南部)

1月13日は、1945(昭和20)年午前3時に内陸直下型の三河地震が発生した日です。死者は2,306人に達しました。その37日前の、1944(昭和19)年12月7日には東南海地震があり、授業・勤務時間帯に重なったこともあり、学校や工場等を中心に死者1,223人の被害が発生しました。

 

過去の災害に学ぶ

 1944年東南海地震からわずか37日後に、1945年三河地震が発生した。「南海トラフの巨大地震発生前後に内陸に大地震が起こる可能性が高い」と言われる典型的な例である。これら二つの地震は、日本の敗戦が色濃くなった戦時下に起こり、軍需工場が集中する東海地方に大きな打撃を与えた。当時、報道管制下にあり、地震の報道は極力抑えられ、「隠された地震」とも言われている。
出典 広報ぼうさいNo.44

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/pdf/kouhou044_20-21.pdf

 f:id:fram7952:20170111163251j:plain

 

  被災された方たちから「こんなことは今までなかった」「生まれて初めてのことだ」と話されるのを聞くことがあります。
災害を自分で経験することは稀な場合が多いです。災害の経験は語り継がれることにより、教訓として活かされます。


 大きな災害であっても、その時の社会の状況や時間の経過により経験が語り継がれなければ、風化して行ってしまいます。
防災に取り組む上で設備や物資などのハードだけでなく、口伝で語り継がれるソフトも大事なことです。