読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

近所の声かけが一番!

火山

1779年(安永8年)11月8日 桜島「安永大噴火」

噴火場所は(南岳山頂)、南岳南山腹、北岳の北東山腹から北東沖合の海底(1780、1781年)。
出典 気象庁|桜島 有史以降の火山活動

 

f:id:fram7952:20161116181325p:plain

桜島 2011年7月10日 気象庁撮影 気象庁|桜島

 

噴火を前にしても、避難に応じない人もいます。 

災害は心構えができていない時に遭遇する場合もあり、避難指示が出てもすぐに避難の決断が出来ないこともあります。

 

近所の人の声かけが一番! 

消防団員は避難の呼びかけと地域の見回りで大忙し~

(高原町 60代 男性 消防団団長)

f:id:fram7952:20161117131913p:plain

消防団の団長をしとるもんですから、噴火から1ヵ月間は家に帰る間もなく慌しく動いておりました。

避難区域の住民に避難を呼びかけるんですが、中には応じてくれない人も何人かいましてね。避難勧告でなく、拘束力のある避難指示だったらすんなり動いてくれたんでしょうけれども。高齢化の進んでおる地域ですから、行政が言っても聞かん人も多いんですわ。近所の人の「危ねぇから、逃ぐっど」が一番効果的でした。

出典 内閣府 防災情報のページより 「近所の人の声かけが一番!」

 

広告を非表示にする