【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えを常に持てるよう【防災】は毎日していることが大事です。

余震について考えてみる

1965年(昭和40年)8月3日 松代群発地震

松代群発地震は、1965年8月3日(昭和40年)に始まったとされています。最大の地震は、1966年4月5日17時51分 M5.4 有感地震は、6万回を越え、1日当たりの有感回数の最大は585回、無感地震を含めると6780回(約13秒に1回)を数えました(1966年4月17日)。
 その後、無感地震を含めた総回数は、既に74万回を超え、現在も1日に1回程度は起きています。

f:id:fram7952:20160803134818p:plain

出典 松代群発地震_松代地震観測所

 

比較的大きな地震が発生すると、その近くで最初の地震より小さな地震が続発します。この最初の大きな地震を本震、その後に引き続き起こる地震を余震といいます。

大きな地震の後は余震が続くことがあり、事前の心構えを持っておくことは大事です。

 

 なぜ余震が発生するのですか?


本震の発生により岩盤が不安定な状態になり、それを解消するために余震が発生すると考えられています。

 

余震はいつまで注意すべきでしょうか?

 

余震の数は時間が経つほど減ってきますが、時々大きな余震が発生することがあります。被害が発生するような大きな地震(本震)が発生した時は、その後、一般的には1週間程度、中でも最初の2~3日程度は規模の大きな地震が発生することが特に多いため注意が必要です。

壊れかけた家や崖などには近づかないようにしましょう。

 


余震は、完全になくなるまでには何年もかかる場合があります。例えば、平成7年(1995年)兵庫県南部地震の余震活動は15年以上経った現在でも続いており、数ヶ月に1回程度、震度1以上の揺れを観測する余震が発生しています。

 

私たちはどのような情報に注意すればよいですか?


大きな地震が発生すると、人々の不安を煽るような根拠の無いうわさが発生することがあります。 しかしこうした情報に惑わされてパニックになることは避けなければなりません。 とくに、具体的な日時を指定した地震の予知はデマの可能性が非常に高いので十分注意してください。
災害時には様々な情報が飛び交いますが、情報の送り手(発信元)を確認するとともに、科学的にきちんと説明がなされているかを見極める必要があるでしょう。

 

私たちはどのように余震に備えればよいですか?


本震によって強い揺れとなった地域では、余震によって家屋などが倒壊したり、土砂崩れなどの土砂災害やなだれが発生しやすくなります。 また、海域で大きな余震が発生すると津波が発生する可能性があります。

出典 気象庁 | 余震について| 余震から身を守るために

 

 

”天災は忘れた頃にやってくる”というが、たえず地震がある生活というのはあまり想像したくないと思ってしまいます。

災害は忘れるくらい発生の時間間隔が離れていて欲しいと思うのは、自分だけではないのでしょう。できれば自分が生まれる前と自分が死んだ後に災害は起こればいいと考えてしまいます。つまり生きている間は、災害にあわずに人生を送りたいというのが正直な希望です。

せめて災害は忘れるくらいたまに起きるようであって欲しいと思います。 

しかし、地震ばかりではなく、台風や水害等災害は姿や名前を変えて毎日に出番を待っているようにすら感じます。

今日は何も災害に遭わずに済んだ、と感謝するべきかもしれません。