読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

「放火」の防ぎ方を考える

1772年4月1日 明和の大火

明和9年2月29日(1772年4月1日)、目黒行人坂大円寺から出火し、麻布、芝から日本橋、京橋、神田、本郷、下谷、浅草と下町一円を焼失し、死者は数千人にも及んだといわれる。別名行人坂火事。f:id:fram7952:20160212092910j:plain

消防防災博物館より

 

出典 消防防災博物館:見て学ぶ-消防の歴史・現在・未来-

 

「明暦3年、明和9年、文化3年各出火記録控」によると、出火元は目黒の大円寺。出火原因は、武州熊谷無宿の真秀という坊主による放火とされています。

 

総出火件数を出火原因別にみると、「放火」、「こんろ」、「たばこ」、「放火の疑い」、「たき火」の順となっています。出典 総務省消防庁ホームページより 4 出火原因

火災自体はここ10年は減少傾向にあり、平成27年は久しぶりに火事の件数が4万件を割り込みました。
火災の原因として長らく同じものが1位となっています。それが放火です。

全体の1割の火事が放火であり、放火の疑いとなっているものも含めれば2割ほどが放火によって発生していることになります。
放火の多い都道府県としては、東京都、大阪府、神奈川県といったところが上位を占めており、火事全体の2割を超える割合で放火が起きています。

 

防災としてこうした放火を防ぐためには個々の民家で警備を強化することが大切です。特に不審火という形で共同のごみ集積所などのごみが燃やされる事案が発生しています。
そのため、ごみ集積所に防犯カメラを設置するなどの対処が求められています。また、各家に防犯カメラを設置する、もしくはセンサーに反応してライトを照射する装置を導入することで放火をさせないようにする環境を作り出すことができます。

屋外での放火を防ぐために!

敷地内

敷地内の放火されやすい場所には、ゴミや廃材等の可燃物を置かないなど管理面での放火火災予防対策が基本です!!
 特に、塀等でかこまれていない住宅の裏側など自由に出入りできる場所は放火件数が非常に多い事から、可燃物の管理を徹底する必要があります。 

 

空間隣棟間のすき間 

防災としてこうした放火を防ぐためには個々の民家で警備を強化することが大切です。特に不審火という形で共同のごみ集積所などのごみが燃やされる事案が発生しています。

住宅密集地等では、建物同士が接近している場合、このすき間は死角となりやすく、放火されやすいことから、すき間を木戸等で囲うなどして部外者がはいれないようすることが大切です。f:id:fram7952:20160722152908p:plain
また、廃材やゴミ、生活用品などを置く場合には、整理整頓するとともに、防炎シート等で覆い部外者の目に触れないように管理しましょう。 

安全で住みよいまちづくり診断事項 

1.家の近くに燃えやすい物が放置され、危険な状況になっていませんか?
2.ゴミ収集日の前夜にゴミが出されていませんか?
3.街灯が設置されていますか?明るさは十分ですか?
4.いつも不法駐車している自動車やオートバイはありませんか?
5.郵便受けに新聞等が溜まったままになっているところはありませんか?
6.空地等の枯れ草が立ち枯れになり危険な場所はありませんか?
7.工事現場等で、建材や燃えやすいものが放置されていませんか?
8.空家、空ビルや空室等の管理状況の悪い建物はありませんか?
9.道路が狭く死角になる場所はありませんか?

  ― わがまち、わが故郷は、自分たちで守りましょう -

住宅では… 

放火の実態

1.家の外に出してある不用品、古新聞等に放火される。
2.郵便受けの新聞やチラシ類に放火される。
3.火のついた紙を部屋に投げ込まれることがある。 

対策 

○ 塀は、金網や生垣等でなるべく低くし、死角をつくらない工夫をする
○ 不用品や古材等は、整理整頓して物置等へ保管する。
○ 外出時や就寝時は、窓、ドア等の開口部は必ず施錠する。
○ 外出時は隣近所に一声かけて協力を求める。
○ 車両等のボディカバーは、「防炎品」を使用する。
○ 門扉、通用口、車庫、物置等のドアは必ず施錠する。
○ 夜間用照明機器等を設置して、不審者に対処する。
○ 敷地外周部の可燃物にも注意する。
○ 住宅用火災警報器等を設置する。

そのため、ごみ集積所に防犯カメラを設置するなどの対処が求められています。また、各家に防犯カメラを設置する、もしくはセンサーに反応してライトを照射する装置を導入することで放火をさせないようにする環境を作り出すことができます。

共同住宅では…

放火の実態

1. 廊下階段付近に置かれている古新聞、古雑誌等に放火される。
2. 郵便受けにたまっている新聞やチラシ類に放火される。
3. 廊下等の共用部分に置いてある自転車等に放火される。
4. 掲示板に張ってあるポスター等に放火される。 

 

対策 

○ 廊下等の共用部分に可燃物を置かないように管理を徹底する。
○ 建物周辺に駐車する自動車等のボディカバーは、「防炎品」を使用する。
○ 掲示板の不燃化や張り紙の整理整頓をする。f:id:fram7952:20160722153019p:plain
○ 知らない人に声をかける「一声運動」を行う。
○ 共用部分に夜間照明等を設置する。
○ 住宅用火災警報器等を設置する。

空家・空室では…

放火の実態

1.建物周辺に捨てられている生活用品やゴミ等に放火される。
2.空家、空室に入りこんで放火される。

対策

○ ドア、窓等を施錠して空家、空室へ侵入できないようにする。
○ 空家の周囲を金網や鉄板で囲い出入りできないようにする。
○ 夜間、建物周辺を照明する。
○ 所有者、管理者をはっきりさせて、連絡体制を確立しておく。
○ 所有者、管理者の管理意識を高め、巡回警戒等を実施する。
○ 空家等の情報を把握し、付近住民に監視体制の協力を求める。
○ 空家の所有者、管理者等に、空家の早期撤去を要請する。

我が家の放火火災予防診断事項

 1.家の周りや外階段の下等に紙類などの可燃物を置いていませんか?
2.ゴミ回収日の前夜にゴミを出していませんか?
3.共同住宅等の共用住宅等の共用部分を物置かわりにしていませんか?
4.自転車やオートバイの籠に、物を置いたままにしていませんか?
5.オートバイ、自転車のボティカバーは防炎品を使用していますか?
6.玄関、物置、車庫の施錠はしていますか?
7.郵便受けに新聞やチラシ等が溜まったままにしていませんか?
8.消火器等は、使いやすい状況にしてありますか?
9.門燈、玄関等の照明状況は良好ですか?
10.家族で放火防止の話し合いをしていますか?

 出典 三木市消防本部ホームページより

三木市 [ あなたのまちを放火の魔の手から救いましょう ]

 

一方、警察や消防などの対処としては、どこで不審火や放火が発生しやすいかをデータにしており、この時期にはこうした放火が多いということを認識しています。それに合わせてパトロールを厳重にする、町内会が共同して見回りをするといった対策を立てて、放火が起こらないようにしていくことになります。

自治体が率先して防犯カメラの設置を進める、自衛策としてはごみを出しっぱなしにしないといったことをしていくことで、放火をしにくい環境を作り上げていくことが求められます。

広告を非表示にする