読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

被災した後のことを想像してみる

1914年3月15日 秋田仙北地震

午前4時59分、秋田県中南部の仙北郡を中心としたマグニチュード7.1の大地震があった。

出展 防災情報新聞 防災関連記事|防災情報、地震災害、被災地情報、官庁地方自治体情報を発信

f:id:fram7952:20160525115801j:plain

  自分が被災した場合のことを、事前に想定しておくことは防災・減災を考える上で大事です。

 先ず何をしなければいけないのか、どう行動する必要があるかを知っておきましょう。その時の行動の如何により、その後状況が格段に変わる場合があります。

 

震度6強体験シミュレーション 防災シミュレーター 内閣府

防災シミュレーター

Q:あなたは散らかった家の中を移動しなければなりません。どうしますか?

出典 【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション

 A スリッパを履いて移動 を選択

 

GOOD!

 

足の裏を保護しましょう。

 

何も保護しないと、散乱したガラスの破片で足の裏を切り、全く避難できなくなってしまします。

 

スリッパを履くことがもっと安全ですが、ない場合には、雑誌や新聞などを床にひいたり、またタオルやシャツなどで足の裏をカバーするのもよいでしょう。

f:id:fram7952:20160526151212j:plain

 

Q:ライフラインが止まり飲料水も確保できません。そのため、家族で一時避難所へ行くことにしますた。どうしますか?  

 

B 電気のブレーカーを落とし、大元のガスの元栓を閉める を選択

 

 GOOD!

 f:id:fram7952:20160526152057j:plain

電気は、ブレーカーを落として、通電火災をふせぎましょう。
また、ガスについては、キッチンの元栓ではなく、外にある大元を締めましょう。

 

ポイント
「通電火災」とは
地震後の停電を経て再び電気が通じた時に電源が入ったままの電化製品から出火する火災です。 

まとめ

被災直後の対応が身の安全や命を守るばかりではなく、その後の避難や復興にも大きく影響します。いざという時の為の心構えや少しの配慮が、とても大事です。 

広告を非表示にする