読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

稲むらの火と津波対策

津波

1854年12月24日 安政南海地震

安政南海地震による大津波が広村(現在の和歌山県広川村)を襲いました。このとき、村の郷士浜口梧陵は、暗闇の中で逃げ遅れたいた村人を、収穫したばかりの稲を積み上げた「稲むら」に火を放って高台に導きました。

f:id:fram7952:20160216153507j:plain

内閣府防災担当ホームページより

出典 「稲むらの火」の物語の紹介

 

一般的に言う津波は海底の比較的浅いところ(0~60km) を震源として大きな地震が発生すると、断層運動で海底の地形が変動し、その変動がそのまま海水に伝わって海面が上下することで発生します。
東日本大震災で市町村の行政機能が麻痺したいっぽう、住民自身による自助や地域コミュニティの共助が、各地の避難所運営などで重要な役割を果たしました。「自助」「共助」により、家族・地域の安全・安心を図りたいものです。

  この紙芝居は、稲村の火に関連して、過去に作成された多くのストーリーをもとに、単に1854年の安政南海沖地震の記録にとどめず、津波の一般的常識も盛り込みながら、平成16年度に内閣府防災担当の責任のもとに監修されたものです。各場面は桜井信夫氏の文章と藤本四郎氏の絵から構成さています(全16場面)

inamuranohi

内閣府防災担当ホームページより

出典 紙芝居「津波だ!いなむらの火をけすな」

 

紙芝居の一覧

紙芝居の絵と文章を並べて見ることが出来るファイルをダウンロードできます。

f:id:fram7952:20150329144802j:plain

 

参考津波てんでんこ」

三陸地方の言い伝えで「てんでんこ」とは「てんでばらばら」の意味。津波の恐れがあるときは、自分の身を守るためにとにかく逃げろという津波避難の標語。助けに行きたい家族などはそれぞれがきちんと避難していると信じて、自らの避難行動を優先しろ、という極限状態での意思決定を促す狙いがあります。

広告を非表示にする