【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

避難

津波警報とは

1973年(昭和48年)6月17日 根室半島沖地震 北海道の根室半島南東沖を震源とするマグニチュード7.4の地震が発生し、地震発生から約10分後に、気象庁は北海道から東北地方にかけての太平洋沿岸に津波警報ました。 津波警報とは 気象庁は、地震が発生した時に…

地震、津波からの避難も忘れずに

1896年(明治29年)6月15日 明治三陸地震 地震の揺れに伴う被害はなかったが、発生から約30分後に三陸沿岸に大津波が来襲しました。津波の高さは綾里(岩手県大船渡市)で38m超に達し、逃げ遅れた多くの住民が死亡しました。 出典 「明治三陸地震」『ウィキ…

”避難”することと”逃げる”こと

1962年(昭和37年)6月8日~15日 梅雨前線による大雨 梅雨前線が西日本の南岸まで北上し、活動が活発になった。前線上を低気圧が通る際に各地で大雨を降らせ、期間中全般に100~200mmの降水があった。このため、各河川は増水した。 特に、10日に降った雨によ…

安否確認の方法を決めておこう

災害で家族を心配して被災地に戻ると犠牲になることがあります。また、被災地の交通渋滞の原因にもなり被災地支援の妨げになる場合もあります。 事前に災害時の安否確認の方法を、家族で話し合っておくことが、いざという時に 素早い避難や被害の軽減に重要…

避難所について

避難所について【静岡県】 阪神・淡路大震災や新潟県中越地震の避難所生活では、狭い・寒い・トイレが使えないなどの過酷な住環境、うるさい・臭いなど集団生活によるトラブルの発生、ストレスからくる持病の悪化などの問題が発生し、このようなつらい避難所…

迅速な避難のための心がけを考えてみる

2000年(平成12年)3月31日~ 有珠山噴火 有珠山噴火災害では、最大で15,815人が避難指示・勧告の対象となったものの、噴火前に迅速な避難が行われたこと等により人的被害はなかった。その後火山の活動状況を見ながら順次避難指示・勧告は解除され、7月28日…

津波からの逃げ方を考えておこう

逃げ方について 出典:気象庁|津波防災啓発ビデオ「津波からにげる」

避難は噴火前の心構えから

1983年(昭和58年)10月3日 三宅島噴火 10月3日南西山腹に生じた割れ目から噴火。溶岩噴泉、溶岩流。島の南部でマグマ水蒸気爆発が発生し、多量の岩塊が周辺に落下。溶岩流で阿古地区の住宅の埋没・焼失約400棟。山林耕地等にも被害。 出典 気象庁|三宅島火…

宵越しの金は持たないということ

江戸っ子は宵越しの金は持たないそうである。稼いだお金をキレイに使ってしまうのがイキということなのだろうか。 江戸っ子はサラリーマンではない これは前提として、持っているのはその日稼いだお金である。月給ではない。つまり江戸っ子は、サラリーマン…