読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【防災】まいにち

災害への備えや心構えを常に持てるよう、防災は毎日していることが大事です。”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。

地震、本震だけでなく余震についても注意が必要

平成28年4月14日 平成28年(2016年)熊本地震 地震活動の状況 14日21時26分の地震以降、30日15時00分現在、震度1以上を観測する地震が1079回発生しています(震度7:2回、震度6強:2回、震度6弱:3回、震度5強:4回、震度5弱:7回、震度4:…

いつ、どこで地震に遭うか考えてみる

2005年3月20日、平成17年福岡県西方沖地震 2005年(平成17年)3月20日、平成17年福岡県西方沖地震、古いビルから窓ガラス落下し負傷者多数 出典 福岡県 県土整備部砂防課ホームページ 平成17年(2005年) 福岡県西方沖地震|主な土砂災害事例|福岡県県土整備部…

被災した後のことを想像してみる

1914年3月15日 秋田仙北地震 午前4時59分、秋田県中南部の仙北郡を中心としたマグニチュード7.1の大地震があった。 出展 防災情報新聞 防災関連記事|防災情報、地震災害、被災地情報、官庁地方自治体情報を発信 自分が被災した場合のことを、事前に想定して…

震度6強の地震に遭った時の心構えを持ってみる

2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災 平成23年3月11日14時46分、三陸沖(北緯38度1分、東経142度9分)の深さ24kmを震源としてマグニチュード9.0の地震が発生した。この地震によって宮城県栗原市で震度7を観測したほか、宮城県、福島県、茨城県及び栃木県…

明日、東日本大震災があると分っていたら、どうしよう?

2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災 東日本大震災(平成23年3月) 固定していた本棚から本飛び出し、山のよう (釜石市 震災当時小学3年 男子) 連絡帳に宿題のこととかを書いている途中でいきなり地震が来て、机の下に隠れました。揺れが止まってから…

地震と津波について考えてみる

1605年2月3日(慶長9年12月16日)慶長地震 1605年(慶長9年)に発生した慶長地震は、地震被害の記録としては、淡路島の千光寺の御堂が倒れたというものだけである(推定震度4以下)。 慶長地震の津波は、千葉から九州に至る非常に広域な海岸に押し寄せており、…

100年に一度の地震でも、ヒトゴトとは思わず我がことと考えてみる

1605年2月3日(慶長9年12月16日) 慶長地震 慶長地震では関東から東海、南海道、四国及び九州南部にわたってマグニチュード7.9と推定される強い地震が襲いました。 南海トラフから駿河トラフに沿った領域で発生した過去の巨大地震の震源域 四国沖から和歌山県…

家具固定-災害の教訓を学び、事前の備えに取り組もう

1995年1月17日 阪神・淡路大震災 平成7年(1995年)1月17日05時46分、淡路島北部の北緯34度36分、東経135度02分、深さ16キロメートルを震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。 気象庁ホームページ 「阪神・淡路大震災から20年」特設サイトより…

明日、阪神・淡路大震災があると分っていたらどうするか?

1995年(平成7年)1月17日 阪神・淡路大震災 知っていれば良かった、地震のこと (神戸市 20代 男性 学生) うちは、大きな被害はなかったのですが、明るくなってからも、どきどきしていましたし、長田のほうから黒い煙が上がっているのを、私の家から見えた…

過去の災害を学び、語り継ぐことを考える

1945年(昭和20年)1月13日 三河地震(愛知県南部) 1月13日は、1945(昭和20)年午前3時に内陸直下型の三河地震が発生した日です。死者は2,306人に達しました。その37日前の、1944(昭和19)年12月7日には東南海地震があり、授業・勤務時間帯に重なった…

災害を語り継ぐことを考えてみる

1944年(昭和19年)12月7日 東南海地震(東海道沖) 12月7日は、1944(昭和19)年、海洋プレートの沈み込みに伴い東南海地震が発生した日です。発生したマグニチュード7.9の地震で、授業・勤務時間帯に重なったこともあり、学校や工場等を中心に死者1,223人…

9月1日 防災の日

1923年9月1日 関東大震災 防災の日は、昭和35年(1960)年6月11日の閣議で、9月1日を防災の日とすることが了解されたことに始まります。 9月1日は、関東大震災が発生した日であるとともに、暦の上では二百十日に当たり、台風シーズンを迎える時期でもあ…

余震について考えてみる

1965年(昭和40年)8月3日 松代群発地震 松代群発地震は、1965年8月3日(昭和40年)に始まったとされています。最大の地震は、1966年4月5日17時51分 M5.4 有感地震は、6万回を越え、1日当たりの有感回数の最大は585回、無感地震を含めると6780回(…

液状化現象を想定してみる

1964年(昭和39年)6月16日 新潟地震 新潟県における戦後の地震災害として、1964年(昭和39年)の「新潟地震」、2004年(平成16年)の「新潟県中越地震」、2007年(平成19年)の「新潟県中越沖地震」があり、大きな被害が発生しています。 出典 新潟地方気象…

家庭の食料備蓄を考えてみる

2007年(平成19年)7月16日 新潟県中越沖地震 平成19年新潟県中越沖地震(平成19年7月) 食料や物資はふだんから備蓄してないと (柏崎市 30代 女性) ちょうどコンビニに停めて、車のサイドブレーキをかけた瞬間に揺れ始めて、そのうちジェットコースターに…

家具の転倒防止を考えよう

【防災シミュレーター】揺れ方シミュレーション 地震の防災対策では、家具の転倒防止が大事だといわれています。地震により家具がどのように揺れるかを見ると、その理由が分かります。建物の耐震性とともに、家具の転倒防止や家具や室内の物からどうように身…

地震の揺れを事前に想定しておこう

【防災シミュレーター】揺れ方シミュレーション 出典 内閣府:【防災シミュレーター】揺れ方シミュレーション 揺れ方シミュレーションのまとめ:防災は、まず知ることから 【揺れ方シミュレーションのまとめ】 - NAVER まとめ

地震体験をシミュレーションしておこう

大地震への予防や避難を体験してみよう! このゲームは、震度6強の地震に対して、「どんな予防対策を取らなくてはいけないか?」「どんな避難行動をとるべきか?」 疑似体験するロールプレイングゲームです。 出典 内閣府 【防災シミュレーター】震度6強体…

宅地の液状化危険度マップ作成支援ソフト

1964年(昭和39年)6月16日昭和39年新潟地震、液状化現象、重油タンクの火災などに注目-地震保険の発想も(50年前) 午後1時1分ごろ、新潟県北部、日本海の粟島付近の海底を震源地とする、マグニチュード7.5の大地震が起き、新潟、酒田、仙台では震度5の強い揺…