【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害を知り、備えや心構えを常に持てるよう【防災】は毎日していることが大事です。

備蓄

家庭の食料備蓄を考えてみる

2007年(平成19年)7月16日 新潟県中越沖地震 平成19年新潟県中越沖地震(平成19年7月) 食料や物資はふだんから備蓄してないと (柏崎市 30代 女性) ちょうどコンビニに停めて、車のサイドブレーキをかけた瞬間に揺れ始めて、そのうちジェットコースターに…

水の備蓄、何処に置いておくかを考えてみる

水の備蓄量 飲料水 水の備蓄は一人1日3リットルと云われています。大人ひとりが1日に汗などで失う水分が、3リットルであることから水の備蓄の目安となっています。つまり生命維持の為の最低限の量といえます。 生活用水 飲み水だけでなく、トイレの水も考え…

11月19日は備蓄の日

1年に1度はびち(1)く(9)の確認 www.bousai.metro.tokyo.jp 備蓄の日は、1年に1度、各家庭で首都直下地震などの大規模災害への備えを考えるきっかけにしてもらおうと、東京都が2017年から設けた 出典 東京都国際交流委員会 非常食の備蓄だけでなく冷…