【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

家庭の食料備蓄を考えてみる

2007年(平成19年)7月16日 新潟県中越沖地震

食料や物資はふだんから備蓄してないと

柏崎市 30代 女性)

ちょうどコンビニに停めて、車のサイドブレーキをかけた瞬間に揺れ始めて、そのうちジェットコースターに乗っているような感じになりました。

 

直後でしたので、運良くコンビニに寄れて水とかおにぎりとかパンとか、当面必要な食料を買うことができました。コンビニは、お酒とかが割れて床が水浸しで、お酒の臭いが混じったすごい臭いがしました。

 

f:id:fram7952:20160218162042j:plain

家に帰ったら既に停電していました。で、「ああ、ポリタンクを買ってくるのを忘れたね」と言って、慌ててまた買いに出たんですけど、「もう全部売り切れました」と言われてしまいました。

 

もう水もすぐにとまっちゃうような感じでしたから、ペットボトルの空いたのを一生懸命探して、買ってきた水と冷蔵庫にあったお茶とかで、復旧まで足りるのかなとすごく心配しました。

 

3年前の新潟県中越地震のときは水もガスも止まらなかったので、「何とかなるだろう」と、容器とかも全然そろえていなかったんですね。それが、ガスも、水道も、電気も全部とまってしまったので、「私たちはどうなるんだろう」という感じでした。

 

やはり、食料や必要な容器などは、ふだんから備蓄しておかないといけないなと思いました。

 

内閣府 防災情報のページ 一日前プロジェクトより

出典 「食料や物資はふだんから備蓄してないと」

  

  • 「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」の策定について/農林水産省
  • はじめに ~なぜ家庭備蓄が必要なのか?~
    • 普段使いの食料品を多めに、これが備蓄!
    • 発災当日から1週間分の備えについて基本的な考え方
  • 食の備蓄(口一リング・ストック)
続きを読む

海底火山の噴火

1989年(平成元年)7月13日 伊東沖海底火山噴火

f:id:fram7952:20170720145258p:plain

静岡県伊東沖で海底火山が噴火した。この地域では、1930年に群発地震が発生して以降、しばらく活動を休止していたが、1970年代後半頃より群発地震活動が再開し、1989年7月に、群発地震とともに伊東市沖の手石(ていし)海丘で有史以来、初めての噴火があり、 後にこの海底火山は手石海丘と命名されました。

 

手石海丘の噴火写真

手石海丘の噴火
出典 気象庁ホームページより

気象庁 | 伊豆東部火山群

 

広告を非表示にする

津波地震早期検知網のスピードアップ

1993年(平成5年)7月12日 北海道南西沖地震

北海道南西沖を震源とするマグニチュード7.8の北海道南西沖地震が発生し、震源に近い奥尻島では、地震直後に高さ約20mの大津波に襲われました。

写真:青苗地区

出典 奥尻町ホームページより

北海道南西沖地震の概要 | 奥尻町

 

津波警報地震発生後5分で発表されたが、奥尻島ではそれよりも早く津波が到達したことから、気象庁では翌1994年(平成6年)に「津波地震早期検知網」を整備、以降も津波情報発表までの時間短縮に努め、現在では地震発生後約3分で津波情報が発表されるようになっています。

 

bousai.hateblo.jp

土砂災害から身を守るために

2010年7月11~16日 7月梅雨前線豪雨

7月10日から15日にかけて,西日本に停滞する梅雨前線に向かって南から湿った空気が流れ込んだため,前線の活動が活発となり,広島県でも7月11日0時から7月16日24時までの総降水量は多い所で500mm程度となり,1時間の降水量も県内の所々で12日は30~50mm,13日は20~40mm,14日には20mm~50mmの激しい雨を観測しました。

また,16日には庄原で1時間に64.0mmの非常に激しい雨が観測されました。
こうした降り続いた雨と激しい雨が引き金となって,山崩れ,がけ崩れ,河川の氾濫,土石流等が多数発生しました。この災害で,死者5名,負傷者6名となったほか,住家の被害は1,787棟に及ぶなど,甚大な被害が発生しました。

広島県防災Webより

 f:id:fram7952:20160209144636j:plain

出展 7月豪雨災害|広島県防災Web

続きを読む

7.11水害

1995年(平成7年)7月11日 7.11水害

7.11水害とは、1995年(平成7年)7月11日から12日にかけて、信越地方で発生した水害である。
出典 「7.11水害」『ウィキペディア日本語版』 

7.11水害 - Wikipedia

長野県北部と新潟県上越地方で、2日間で400mm前後の大雨となり、関川と姫川流域で斜面崩壊や土石流、河川氾濫などが相次いで起こり、この大雨で6人が死傷、家屋の浸水は6,000棟以上に及びました。

 

出典 国土交通省ホームページ 

日本の川 - 北陸 - 関川 - 国土交通省水管理・国土保全局

広告を非表示にする