【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

家具固定-災害の教訓を学び、事前の備えに取り組もう

1995年1月17日 阪神・淡路大震災

平成7年(1995年)1月17日05時46分、淡路島北部の北緯34度36分、東経135度02分、深さ16キロメートルを震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。

気象庁ホームページ 「阪神・淡路大震災から20年」特設サイトより

f:id:fram7952:20160208151010j:plain

 出展 気象庁|「阪神・淡路大震災から20年」特設サイト

 

阪神淡路大震災は1月の早朝におき、多くの人は家におり室中で被災しました。そのため家具の転倒やテレビ等の家電により負傷、死亡されたり、迅速な避難ができないことが起きました。

その経験をもとに家具の固定や転倒防止が、各自の地震対策として重要です。

  •   阪神・淡路大震災に見る家具転倒の状況
  • 家具の固定は、各家庭や職場でしなければならない地震対策です。
  • 「壁ならどこにでも固定できるってわけじゃないよ」
  • 「壁の桟と家具の桟をL型金物で止めるのね」
  • 「冷蔵庫やピアノもそのままでは危ないよ」
  • 「家具の配置にも工夫が大切なのね」
  • 「重い物は低いところへ-当り前のことも忘れずにね」 
続きを読む

マッチ売りの少女の”受援力”

1月17日は「防災とボランティアの日

毎年、1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~1月21日は「防災とボランティア週間」です。この日・週間は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに、「災害時におけるボランティア活動および自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ること」を目的として制定されました。

出典 政府広報オンラインより

防災ボランティア活動を受け入れる地域の “受援力” を高めよう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

被災して助けを求めることは、命を守ることです。

自分の命を自分で守る”自助”は大事なことです。しかし自助だけでは解決できない場合があります。その時助けを求めることは恥かしいことではない筈です。また助けを求められた時どう行動するかを考えておくことは、ムダなではないと思います。

 

f:id:fram7952:20170606142741p:plain

子供の頃読んだ”マッチ売りの少女”では、少女が亡くなるところでお話は終わりました。

子供の頃の印象では、この話は町の人たちに対して批判的でした。”少女が死んでいるのを見て町の人達は「助けてくれと言えばよっかたのに」と言いました。あんなに少女が、マッチを買ってくてと頼んだのに、誰もマッチを買わなっかのに”というようなニュアンスでした。


今改めて考えてみると、確かに少女は「マッチを買ってください。」と言っていましたが、「助けてください。」とは言っていませんでした。

町のすべての人たちにマッチを買う必要がなかったのと同様に、町のすべての人に少女を助ける義務がある訳ではありません。

少女が助けを求めて入ればどうだったでしょうか。
ただ一人でも助けに応じる人がいれば少女は死ななくて済んだ筈です。

 「受援力」を高めることが地域の防災力の向上に

地域の防災力を高めるためには、地域全体で取り組む防災対策や、地域の人と人とのつながりや支えが重要であることは言うまでもありません。それとともに、災害が起こったときには、地域の外にも、被災地を支援したいというボランティアが大勢いることも忘れないでください。自分たちの地域は自分たちで何とかしたいという考えもあるかもしれませんが、外部の人たちの支援を受け入れたり、新しいつながり・絆の創出や全国的なネットワークを持つ団体の支援を得たりするなど、復旧・復興の力を幅広く、そして重層的に高めていくことも、地域の防災力を高めることにつながります。

出典 政府広報オンラインより

 
今は地球の裏側のことが一瞬で分かるようになりましたが、目の前の人が助けを必要としているかどうかは言ってもらわないと分からないでしょう。

自分がいない時に災害があった時、自分の家族や身内に「大丈夫ですか。」と誰かが気づかってくれるようなそんなコミュニティであって欲しいと思います。

マッチ売りの少女は、雪の積もった外に裸足で突き出される助けを求められない社会にいました。助けを求められない社会に少女はいたということが、このお話を悲しくしていると感じます。

明日、阪神・淡路大震災があると分っていたらどうするか?

1995年(平成7年)1月17日 阪神・淡路大震災

知っていれば良かった、地震のこと (神戸市 20代 男性 学生)

 

うちは、大きな被害はなかったのですが、明るくなってからも、どきどきしていましたし、長田のほうから黒い煙が上がっているのを、私の家から見えたことが特に記憶に残っています。だから、今でも、ちょっとした地震に敏感に反応してしまうし、花火の音にもドキっとしたりもします。

当時は小学校1年生で、地震という言葉すらも聞いたことがなかったので、物理的に被害は受けていないけれど、やはり影響は大きかったなと思っています。

地震が起きると家が揺れたりするとかということぐらい、最低限知っていれば、「ああ、地震だ」と思えたら、もしかしたらあの時、そこまでびっくりすることもなかったかもしれない。僕自身が心のケアとかを勉強してきたからかもしれませんが、地震を知っていれば、もしかしたらその後の心理的な負担とかは軽減されたのではないかなと思ったりします。

出典 内閣府 防災情報のページ(1日前プロジェクト)より 「知っていれば良かった、地震のこと」

f:id:fram7952:20160518165115j:plain

 災害は、生まれて初めて体験する場合が多いです。繰り返し起こる災害も、発災した時に、その場にいないと体験することができません。前回、その地域で起こったのが数十年前だとすると、体験者が居なくなっている事もあります。

 

「起震車」は地震の揺れを体験し、地震発生時を事前に体験し心構えを持っておくために防災訓練で活用されています。

f:id:fram7952:20170113154819p:plain 出典 東京都港区ホームページ

https://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/koho/minato2016/201609/20160911top/01.html

 

生まれて初めてのことに備えるのは難しいことかもしれませんが、事前に発災時を想像しておくことは防災に取り組む上で有益です。

地震の揺れを事前に想定しておこう

f:id:fram7952:20141205161149j:plain

出典 内閣府【防災シミュレーター】揺れ方シミュレーション

続きを読む

過去の災害を学び、語り継ぐことを考える

1945年(昭和20年)1月13日 三河地震(愛知県南部)

1月13日は、1945(昭和20)年午前3時に内陸直下型の三河地震が発生した日です。死者は2,306人に達しました。その37日前の、1944(昭和19)年12月7日には東南海地震があり、授業・勤務時間帯に重なったこともあり、学校や工場等を中心に死者1,223人の被害が発生しました。

 

過去の災害に学ぶ

 1944年東南海地震からわずか37日後に、1945年三河地震が発生した。「南海トラフの巨大地震発生前後に内陸に大地震が起こる可能性が高い」と言われる典型的な例である。これら二つの地震は、日本の敗戦が色濃くなった戦時下に起こり、軍需工場が集中する東海地方に大きな打撃を与えた。当時、報道管制下にあり、地震の報道は極力抑えられ、「隠された地震」とも言われている。
出典 広報ぼうさいNo.44

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/pdf/kouhou044_20-21.pdf

 f:id:fram7952:20170111163251j:plain

 

  被災された方たちから「こんなことは今までなかった」「生まれて初めてのことだ」と話されるのを聞くことがあります。
災害を自分で経験することは稀な場合が多いです。災害の経験は語り継がれることにより、教訓として活かされます。


 大きな災害であっても、その時の社会の状況や時間の経過により経験が語り継がれなければ、風化して行ってしまいます。
防災に取り組む上で設備や物資などのハードだけでなく、口伝で語り継がれるソフトも大事なことです。