【防災】まいにち

”賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ”と言われています。過去の災害から学ぶことは多々あります。災害への備えや心構えを常に持てるよう、【防災】は毎日していることが大事です。

垂直避難について考えてみる

2009年(平成21年)8月9日 豪雨災害

台風9号の影響により、兵庫県佐用町で豪雨災害が発生し大きな被害となった。

(佐用川)

平成21年8月9日に紀伊半島の南海上で発生した台風9号は、その後日本に上陸はしなかったが、南からの暖かく湿った空気が近畿地方に流れ込み、9日夜から10日未明にかけて兵庫県西部・北部に大雨をもたらした。
最大時間雨量は、佐用雨量計(佐用佐用佐用川)で82mm、三河雨量計(佐用町中三河・千種川)で54mm、奥田路雨量計(朝来市田路・田路川)で55mmを記録し、最大24時間雨量では、佐用雨量計で327mm、三河雨量計で262mm、奥田路雨量計で257mmを記録した。
県内の被害状況は、死者20人、行方不明者2人、負傷者7人、床上浸水337戸、床下浸水1,491戸などであった。

出典 兵庫県CGハザードマップより

兵庫県 防災学習 <洪水編> 過去の洪水記録(平成21年)

 

垂直避難について

夜間の避難途中では死者が多く、避難情報提供などに課題が残ったとされています。現在は避難情報の発表の際には、夜間などで避難所まで移動することが難しい場合などに住宅の2階以上への避難を促す「垂直避難」も併せて呼びかけられています。

f:id:fram7952:20170816101350j:plain

出典 中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会」第4回資料より

http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/saigaijihinan/4/pdf/shiryou_2.pdf

 

避難の行動パターン

避難の行動パターンには4つの選択肢があるとされています。(災害時の避難に関する検討課題 避難の考え方の明確化(内閣府防災担当)より)

避難の行動パターンとして待避、垂直移動、水平移動(一時的)、水平移動(長期的)が示されています。

 

水平避難と垂直避難

水平避難では安全な場所に移動しますが、状況によっては避難場所への移動が危険な場合もあります。
切迫した状況では、自宅の2階や居住建物の高層階に移る垂直避難が必要な場合もあります。避難する時は、周囲の状況や家族や自分のことを総合的に判断した上で行動することが大事です。

余震について考えてみる

1965年(昭和40年)8月3日 松代群発地震

松代群発地震は、1965年8月3日(昭和40年)に始まったとされています。最大の地震は、1966年4月5日17時51分 M5.4 有感地震は、6万回を越え、1日当たりの有感回数の最大は585回、無感地震を含めると6780回(約13秒に1回)を数えました(1966年4月17日)。
 その後、無感地震を含めた総回数は、既に74万回を超え、現在も1日に1回程度は起きています。

f:id:fram7952:20160803134818p:plain

出典 松代群発地震_松代地震観測所

 

比較的大きな地震が発生すると、その近くで最初の地震より小さな地震が続発します。この最初の大きな地震を本震、その後に引き続き起こる地震を余震といいます。

大きな地震の後は余震が続くことがあり、事前の心構えを持っておくことは大事です。

  •  なぜ余震が発生するのですか?
  • 余震はいつまで注意すべきでしょうか?
  • 私たちはどのような情報に注意すればよいですか?
  • 私たちはどのように余震に備えればよいですか?

 

続きを読む

富士山、最古の噴火記録

781年7月31日(天応元年7月6日)富士山で最古の噴火記録


続日本紀』に、富士山の噴火に伴う降灰の記録が残っています。噴火の規模などの詳細は不明ですが、これが富士山における最古の噴火の記録となっています。

富士山写真

出典 気象庁ホームページより

気象庁|富士山

 

駿河国(静岡県)から京の都に富士山大噴火の報告が入った。

f:id:fram7952:20161117160451p:plain  864年(貞観6年)6月中旬、富士山北西麓の一合目から二合目付近にかけて割れ目噴火が起こりました。数箇所から真っ赤な溶岩流があふれ出し、2か月以上に渡って扇状にひろがり、ふもとの湖にも流れ込みました。

 貞観噴火で流れ出た溶岩は「青木ヶ原溶岩」と呼ばれ、青木ヶ原樹海はその溶岩のうえに発達した大森林です。

出典 静岡大学防災総合センター

 

いざという時、慌てないことが大事

2009年(平成21年)7月27日 群馬県館林市で突風が発生

館林市の竜巻(平成21年7月)

間近に迫る竜巻、冷静な判断でやりすごす

館林市 50代 男性 会社経営


外出先から戻る途中で竜巻に遭遇しました。

間近に迫る竜巻は、民家にぶつかりバリバリと音を立てて屋根をひきちぎり、また猛スピードで通り過ぎていったのです。息をのむような光景とはこのことでしょう。アルミ板の壁に屋根がわらの破片が刺さるなど、いつも見慣れた町の風景は異様で無残な光景でした。何年たっても、今でも目の前に浮かぶのは、風に舞う枯れ葉のように竜巻の渦の中でヒラヒラする屋根がわらです。

f:id:fram7952:20160601165907j:plain

あのときは、自分でも不思議なぐらいに冷静さを保ち車中から竜巻の動きを目撃していました。畑の中を土煙りを上げ通り過ぎる竜巻を見ていて、このまま走行すればぶつかると思い、車を停車してやりすごしたのでした。このとき空は黒い雲が立ち込めていたのを記憶しています。しかし、雨は大したことはなかった。

自然の猛威の中では、我々はなすすべを持たないことを悟りました。ただ一つ、言えることは常に冷静さを失わずに、周囲の状況を判断していかに身の安全の確保に努めることかも知れません。それだけは身をもって体験したことだから、はっきりと申し上げられます。

 出典 内閣府 防災情報のページ(1日前プロジェクト)より

間近に迫る竜巻、冷静な判断でやりすごす

 

 竜巻は、台風と比べ事前にその発生が予想しにくい気象現象です。

事前に想定できずに、竜巻に遭遇して慌てずに対応することが大事です。

災害後の取り組みを考えてみる

2006年(平成18年)7月19日 豪雨災害・長野県岡谷市土石流災害

長野県岡谷市で大雨により土石流が発生し、大きな被害が出ました。

f:id:fram7952:20170721161953j:plain

出典 岡谷市ホームページ 平成18年7月豪雨災害の記録「忘れまじ豪雨災害」より

平成18年7月豪雨災害の記録 忘れまじ豪雨災害 - 岡谷市ホームページ

 

災害の記録の中で、災害後の取り組みの章があります。

災害後の取り組み

岡谷市の取り組み
岡谷市では、一日も早い災害復旧のため、平成18年度実施事業を見直す中で、補正予算による緊急対応などを行った。また、「災害に強い安全安心なまち」を目指して、活動体制、情報収集・伝達体制、防災対策等の強化のため様々な取り組みを行った。

出典 忘れまじ豪雨災害

災害に強い安全安心なまちを目指す取り組みとして、以下の項目が紹介されています。

(1)活動体制の強化
(2)情報収集・伝達体制の強化
 ①地域との連絡体制の強化
 ②雨量計の設置
 ③移動系防災行政無線の整備
 ④避難準備、避難勧告の雨量基準を新設
 ⑤防災ラジオの配布
 ⑥防災メールの配信
 ⑦シルキーチャンネル(行政チャンネル)の開局

 活動体制の次に、情報の収集とその伝達の項目があります。

 

(3)防災対策の強化
 ①危機管理室の体制
 ②簡易防災マップの配布
 ③地域防災計画の見直し
 ④防災ガイドの修正
 ⑤土砂災害警戒区域、特別警戒区域(土石流、急傾斜)の指定に伴う説明会の実施
 ⑥自主防災組織連絡協議会の発足
 ⑦災害危険渓流市民見学会、豪雨災害パネル展の開催
 ⑧防災訓練の実施
 ⑨災害に強い森林づくり
(4)豪雨災害1周年追悼式

 そして防災対策の強化として、防災マップや防災計画、防災ガイド等の資料、ソフトの充実と説明会、連絡協議会等で市民への普及、啓発が図られています。

 

安全安心のためには的確な情報とその伝達、そしてそれらを周知徹底する組織、体制そして人間を作っていくことが必要だと教えられます。